2001年9月より、横浜高校硬式野球部専属トレーナーとして選手の身体のケアや怪我の治療にあたっています。

また、公式試合や練習試合には同行し、試合前のテーピングやストレッチなどを行い、試合後はピッチャーのクールダウン、アイシング、負傷者の対応を行っています。



 地域での小学生対象のソフトボール大会の救護トレーナー活動も行っています。小学生には怪我の早期対処、試合前、試合後のストレッチの指導をしています。

   


   テーピング療法では、診療時間外でも行っています。試合当日の早朝などのテーピングを小学生・中学生・高校生に行い、一般の患者さまにも対応しています。